スタッフ紹介
いらっしゃいませ!
店長の井上隆と申します。
心を込めて、おいしいお茶をお送りします。末永くご愛顧くださいませ。
ご愛顧ありがとうございます。お客様のご注文に応対しております、井上恵巳子です。
インストラクターとしてお茶の楽しさをお伝えできればと思います!
お茶を仕上げております、  三戸久和と申します。     お客様に喜んでいただける お茶作りをするように     ガンバリます!!

しずく茶の入れ方

しずく茶は、玉露の伝統的な入れ方です


しずく茶を召し上がっていただくには、
専用の茶碗(左の写真)が必要ですが、
なければ小ぶりの茶碗でフタつきのものか、
おちょこにフタのできるものをご用意ください

         
茶碗に玉露の茶葉を
4g(茶さじ1杯)程度を山形に入れます。
一煎目
  お湯の温度は体温程度(40度)で
  約20cc(大さじスプーン約1杯)
  を茶碗に周りから入れます。
  フタをして2分ほどじっくりと待ちます。
  お茶を飲む時は、左手で茶碗を持ち、
  フタを少しだけずらして開けて右手で
  押さえながら水滴のしずくをいただきます。
二煎目
  フタを取ってゆっくりお茶の香りを
  楽しんだあと、20ccのお湯を
  山形に盛った茶葉の上から注ぎます。
  フタをして2分待って、
  一煎目のようにいただきます。
三煎目
  フタを取ってお湯の温度を50度で
  同じように注ぎます  
四煎目
  フタを取ってお湯の温度を80度で
  召し上がりますと煎茶のような
  渋みを味わえます
  最後に
  四煎目をいただいた後の茶葉に
  酢醤油を少々入れて食して
  いただくと、おつまみにもなり
  おいしく味わえます。

 
 
 
 
 

Copyright(C)2000-2006 Ujiseitya Corporation All Rights Reserved.